コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中欧イニシアティブ ちゅうおうイニシアティブCentral European Initiative; CEI

3件 の用語解説(中欧イニシアティブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中欧イニシアティブ
ちゅうおうイニシアティブ
Central European Initiative; CEI

ヨーロッパ,中央ヨーロッパ 18ヵ国による地域協力体制。毎年1回の首脳会議,外相会議,各分野別の専門家会議を中心に,運輸,通信,環境,エネルギー少数民族問題などについて協力を進める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中欧イニシアティブ
ちゅうおういにしあてぃぶ
Central European Initiative

略称CEI。1970年代からアルプスアドリア海沿岸地域やドナウ川沿岸地域での国境を越えた地方自治体間の協力が試みられていたが、ヨーロッパでの東西冷戦構造が急速に崩壊しつつあった1989年11月に、イタリアオーストリアハンガリーユーゴスラビア外相会談でこの地域における国家レベルの協力を含む広範な経済協力の促進が合意されることになった。その後、1990年にチェコスロバキアが参加し、5か国協力を意味するペンタゴナーレとよばれるようになった。1991年にポーランドの参加で6か国となり、名称もヘキサゴナーレとなった。発足当初は、EU(ヨーロッパ連合)およびNATO(ナトー)(北大西洋条約機構)加盟国であるイタリア、中立国であるオーストリア、それに旧社会主義国からなる冷戦後の新しい地域協力体制として注目された。ユーゴスラビア紛争の発生では協力関係の進展はかならずしも順調ではなかったが、その後、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニアが加わり、名称も現在の中欧イニシアティブとなった。政府間協力のみならず地方自治体間の協力も重視する点に特徴があり、経済インフラの整備、環境問題、少数民族問題など、さまざまなレベルでの相互交流をとおして幅広い協力が目標とされている。2009年時点の参加国はイタリア、オーストリア、ハンガリー、チェコ、スロバキア、ポーランド、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、ブルガリア、アルバニア、ルーマニア、ウクライナ、モルドバ、ベラルーシ、セルビア、モンテネグロの18か国。[林 忠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone