コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中欧 ちゅうおうCentral Europe

知恵蔵の解説

中欧

1989年の東欧諸国の体制転換に伴い、主としてチェコスロバキアハンガリーで、それまでの「東欧」に代わって使われた用語。「東欧」と同様に、「中欧」概念も極めて政治的なものであり、歴史的な東欧概念に代わり得るものではない。中欧といった場合、歴史的には、ドイツ帝国とハプスブルク帝国との統合を目指す大ドイツ主義的「中欧」概念と、ハプスブルク帝国内諸民族の共存の場としての「中欧」概念とがある。現在使われている「中欧」は後者の意味合いが強く、オーストリアに、従来の東欧からポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、及び旧ユーゴのスロベニアを加えるのが、常識的な線であろう。「中欧」の枠組みで、ビシェグラード協力中欧イニシアチブの2つの地域協力が推進されている。

(柴宜弘 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

中欧【ちゅうおう】

中央ヨーロッパを指すドイツ語Mitteleuropa(英語Central Europe)の訳語。冷戦終結後は,ポーランド,チェコ,スロバキア,ハンガリーの4国をいうことが多いが,この語は19世紀初めから政治的意味を込めて用いられたため,一義的にはその範囲を規定できない。
→関連項目スロバキアチェコハンガリーポーランドヨーロッパリージョナリズム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうおう【中欧】

中部ヨーロッパ。中部欧州。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中欧
ちゅうおう
Mitteleuropaドイツ語
Central Europe英語

ヨーロッパの中部をさす、不確定な、かつ場合により使用される呼称。一般的にはドイツを中心とし、バルト海とアルプス、ロシアとフランスに挟まれた地域に当たるが、その範囲は人により、場合によりまちまちである。最初にこの用語を公式に使ったのは、リストGeorg Friedrich Listである。彼はこの言葉を19世紀に政治地理的な意味で使用し、当時のドイツ、オーストリア・ハンガリー帝国、スイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクを含む範囲をさすものとした。その後、ポーランド、ルーマニアを含めて使用されることもある。ナチスドイツの時代には、ドイツ文化圏をさす意味で使われることもあった。したがって、その版図は、西欧や東欧と重複する。国連の統計年鑑でヨーロッパを細分化する場合には使用されていない。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中欧の関連キーワードM.アルフォンス・ピエール ジュアンオットー シュリュータービシェグラードグループビシェグラード四国協力ロバート グラートマンザルマン シャザールパン・ゲルマン主義ミッテルオイローパ中欧イニシアティブ狼と七匹の子山羊レヒフェルトの戦オタカル(2世)オタカル[2世]コムギ(小麦)西岸海洋性気候中部ヨーロッパハシボソガラスヤギエウォ大学アールパード朝ブラティスラバ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中欧の関連情報