コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中江丑吉 ナカエウシキチ

6件 の用語解説(中江丑吉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なかえ‐うしきち【中江丑吉】

[1889~1942]中国学者。大阪の生まれ。兆民の長男。北京に在住約30年。中国古代思想史などを研究。著「中国古代政治思想」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中江丑吉【なかえうしきち】

在野の中国古代思想研究者。大阪出身。中江兆民の長男。1914年東京帝国大学卒業後,袁世凱顧問の有賀長雄(あるがながお)の秘書として中国に渡り,北京で生涯を送る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中江丑吉 なかえ-うしきち

1889-1942 大正-昭和時代前期の中国学者。
明治22年8月14日生まれ。中江兆民の長男。大正3年袁世凱(えん-せいがい)の顧問有賀長雄の秘書として中国にわたる。北京に永住し中国思想史を研究。市井の生活者としての立場から時代を洞察し,軍国主義日本の崩壊を予見した。昭和17年8月3日死去。54歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「中国古代政治思想」。
【格言など】無名より無名に没入する外なし。然しメンシュハイト(人類)の力を達識せる事は何人にも譲らず(死の床での記)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なかえうしきち【中江丑吉】

1889‐1942(明治22‐昭和17)
中江兆民の長男として大阪に生まれる。1914年東京帝国大学卒業後,袁世凱の顧問有賀長雄の助手として中国に渡り,その後死の直前までの約30年間を定職をもたずに北京で過ごす。1919年五・四運動のときには,親日的売国奴として攻撃された曹汝霖を助けた。この間《資本論》など社会科学書を精読しつつ中国古代史研究に従事。片山潜や市川正一らをかくまったり,鈴江言一の研究を援助したりした。日中戦争の間にも軍部に迎合せず,社会科学的現状分析によって日本の敗北を予見していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかえうしきち【中江丑吉】

1889~1942) 中国学者。大阪生まれ。兆民の長男。東大卒。北京在住約30年、中国政治思想史などを研究。著「中国古代政治思想」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中江丑吉
なかえうしきち
(1889―1942)

大正・昭和期の中国学者、思想家。中江兆民の長男。東京帝国大学法科大学卒業後、1914年(大正3)袁世凱(えんせいがい)の顧問有賀長雄(ありがながお)の秘書として北京(ペキン)に赴き、永住した。19年の五・四運動の際、旧知の曹汝霖(そうじょりん)の命を救ったことは有名。このころより中国古代思想史の研究に傾注し、その研究は西園寺公望(さいおんじきんもち)や満鉄の援助を受けて進められたが、他方カント、ヘーゲル、マルクスを精読し、潜行中の片山潜や佐野学(まなぶ)らを助けた。中国革命の協力者鈴江言一(げんいち)も中江の薫陶を受けている。日中・太平洋戦争中、近衛文麿(このえふみまろ)首相や多田駿(しゅん)支那(しな)方面軍司令官らの招請を断り、市井の一生活者としての立場を固守し、日独の敗北を予言していたという。厳格な科学的合理主義とヒューマニスティックな批判的精神はまさしく兆民を継ぐものであった。死後に著書『中国古代政治思想』(1950)や、『中江丑吉書簡集』(1964)などが出ている。[和田 守]
『阪谷芳直・鈴木正編『中江丑吉の人間像』(1970・風媒社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中江丑吉の関連キーワード中村歌扇県忍池田桃川大島治喜太近藤淳吉菅忠雄関口蕃樹那須弓雄山田賀一和田操

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中江丑吉の関連情報