コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間利息 ちゅうかんりそく

1件 の用語解説(中間利息の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんりそく【中間利息】

破産宣告があると債務者は期限の利益を失うから(破産法17条),債権者は,破産宣告後に期限の到来する(その意味で将来の)債権でも,破産債権として行使できる。この場合の債権額は,期限が到来したときの価額ではなく,現在の価額である。たとえば,10年後に100万円支払うという債権の現在の価額は,100万円ではなく,そこからこの10年間の中間利益を控除した額である。このように,将来の一定の給付を目的とする債権の現在の時点での価額を算定するために,その給付額から控除される中間の利益を中間利息と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の中間利息の言及

【逸失利益】より

…この生涯所得の算定に当たって注意を要するのは,生涯所得は将来生ずる所得であり,それを現時点で損害賠償として一括支払を受けるということは,いわば所得の先取りであり,衡平を欠くこととなる。すなわち,たとえば5年後の年収を現時点で受領するとすれば,被害者は5年間その金額を運用することが可能であり,被害者が生存していたならばその所得を得たであろう5年後の時点では5年間の利息分だけ過剰な所得を得ることとなるので,将来の年収について各年ごとに利息分を控除することが必要となる(中間利息の控除)。たとえば,年収500万円の被害者が今後20年間その所得を得るとすると,名目的には生涯所得は1億円になるけれども,中間利息として民事法定利率である年5分を単利方式で控除すると約6800万円になる(〈ホフマン方式〉の項目参照)。…

※「中間利息」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中間利息の関連キーワード破産宣告否認権弁済履行遅滞和議過怠破産罪気を失う詐欺破産第三債務者期限の利益

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone