コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串原[村] くしはら

世界大百科事典 第2版の解説

くしはら【串原[村]】

岐阜県南東端,恵那郡の村。人口1052(1995)。矢作(やはぎ)川北岸に位置し,南は愛知県に接する。村域の大半は東濃山地に属する山地で,矢作川とその支流沿いのわずかな低地に集落が点在する。中心は矢作川と明智川の合流点付近の川ヶ渡。米作,コンニャク芋栽培,畜産を中心とした農業が行われる。1966‐70年に多目的の矢作ダムが建設され,ダム建設によって水没地住人300余人が離村し過疎化に拍車をかけた。【上田 雅子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

串原[村]の関連キーワードエドテック平等院東北・北海道での空襲被害世界遺産范仲淹平等院末法思想カンパナリオの丘平等院

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android