串原[村](読み)くしはら

世界大百科事典 第2版の解説

くしはら【串原[村]】

岐阜県南東端,恵那郡の村。人口1052(1995)。矢作(やはぎ)川北岸に位置し,南は愛知県に接する。村域の大半は東濃山地に属する山地で,矢作川とその支流沿いのわずかな低地に集落が点在する。中心は矢作川と明智川の合流点付近の川ヶ渡。米作,コンニャク芋栽培,畜産を中心とした農業が行われる。1966‐70年に多目的の矢作ダムが建設され,ダム建設によって水没地住人300余人が離村し過疎化に拍車をかけた。【上田 雅子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android