丸保山古墳(読み)まるほやまこふん

国指定史跡ガイドの解説


大阪府堺市堺区北丸保園にある古墳大仙陵古墳仁徳(にんとく)天皇陵)、上石津ミサンザイ古墳(履中(りちゅう)天皇陵)、ならびに土師(はぜ)ニサンザイ古墳(反正(はんぜい)天皇陵)を中心とする百舌鳥(もず)古墳群がある丘陵の丘陵の西側の一端に位置し、仁徳天皇陵の後円部西北部の堤にほぼ接していることなどから、この古墳は南西側の永山古墳と菰山(こもやま)古墳をあわせて、仁徳天皇陵の陪塚(ばいちょう)と推定される。全長約87m、後円部径約67m、高さ約9.8m、前方部幅約40m、高さ約2.7mの前方部を南に向けた、帆立貝形の前方後円墳。周囲に1重の濠がめぐり、前方部は1955年(昭和30)の開墾で削られているが、全体として形状がよく残されていることから、1972年(昭和47)に国の史跡に指定された。埋葬部の構造や副葬品の内容などについては不明だが、円筒埴輪(はにわ)片が採集されており、5世紀後半ごろに造られたものと考えられている。後円部は宮内庁が、前方部および周濠は堺市が管理。JR阪和線三国ヶ丘駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸保山古墳の関連情報