丸子船・丸木船(読み)まるこぶね

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 中世末期以来、琵琶湖水運の主力をなした特異な船型・構造をもつ運送船。板を縦はぎしてくり船のようにまるい船首にし、船体主部両側はおも木と称する半丸太を用いるなど、近世の和船形式とは著しく異なり、北陸地方のはがせ船に共通する構造をもつ。三十石積から五百石積まであり、百石積以上を大丸子、以下を小丸子と呼んだ。丸船。丸太船。まるきぶね。まるこ。〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android