コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹沢山 タンザワヤマ

5件 の用語解説(丹沢山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんざわ‐やま〔タンざは‐〕【丹沢山】

丹沢山地の中心にある山。標高1567メートル。また、丹沢山地の主峰群の総称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たんざわさん【丹沢山】

神奈川の日本酒。酒名は、蔵の北に丹沢山系の主峰・丹沢山がそびえていることにちなみ命名。純米吟醸酒、特別純米酒などがある。平成17年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は丹沢山系の伏流水。蔵元の「川西屋酒造店」は明治30年(1897)創業。所在地は足柄上郡山北町山北。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

丹沢山(たんざわさん)

神奈川県、合資会社川西屋酒造店の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たんざわやま【丹沢山】

丹沢山地の中心部にある山。海抜1567メートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕丹沢山(たんざわさん)


神奈川県北西部、丹沢山地東部に位置する山。標高1567m。旧称を三境(さんざかいの)峰といい、「丹沢」の名は丹沢山地全体、あるいは東丹沢の峰々の総称として使われることが多い。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」もその趣旨で採用している。なお丹沢山地全域では2.5km北西の蛭ヶ(ひるが)岳が最高峰で標高1673m。ブナ・ミズナラなど広葉樹林が茂り、江戸時代は幕府直轄林。ニホンジカ・イノシシ・ニホンザルなどの野生動物も多数生息する。首都圏に近いわりに深山の趣があり、登山・ハイキング・キャンプなどでにぎわう。丹沢大山(おやま)国定公園の中心。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丹沢山の言及

【丹沢山地】より

…関東地方南西部,神奈川・山梨両県にまたがる山地。丹沢山塊ともいう。東西約40km,南北約30km。…

※「丹沢山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丹沢山の関連キーワード蛭ヶ岳神奈川県横浜市青葉区神奈川県横浜市旭区神奈川県横浜市泉区神奈川県横浜市神奈川区神奈川県川崎市川崎区神奈川県愛甲郡清川村神奈川県座間市神奈川県横浜市緑区清川[村]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丹沢山の関連情報