丹沢山(読み)タンザワヤマ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たんざわさん【丹沢山】

神奈川の日本酒。酒名は、蔵の北に丹沢山系の主峰・丹沢山がそびえていることにちなみ命名。純米吟醸酒、特別純米酒などがある。平成17年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は丹沢山系の伏流水。蔵元の「川西屋酒造店」は明治30年(1897)創業。所在地は足柄上郡山北町山北。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

たんざわやま【丹沢山】

丹沢山地の中心部にある山。海抜1567メートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕丹沢山(たんざわさん)


神奈川県北西部、丹沢山地東部に位置する山。標高1567m。旧称を三境(さんざかいの)峰といい、「丹沢」の名は丹沢山地全体、あるいは東丹沢の峰々の総称として使われることが多い。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」もその趣旨で採用している。なお丹沢山地全域では2.5km北西の蛭ヶ(ひるが)岳が最高峰で標高1673m。ブナ・ミズナラなど広葉樹林が茂り、江戸時代は幕府直轄林。ニホンジカ・イノシシ・ニホンザルなどの野生動物も多数生息する。首都圏に近いわりに深山の趣があり、登山・ハイキング・キャンプなどでにぎわう。丹沢大山(おおやま)国定公園の中心。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たんざわ‐やま タンざは‥【丹沢山】

[一] 神奈川県北西部、丹沢山地の主峰群の一峰。最高峰の蛭(ひる)ケ岳の南東部に連なる。標高一五六七メートル。
[二] 丹沢山地の主部の主峰群の総称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の丹沢山の言及

【丹沢山地】より

…関東地方南西部,神奈川・山梨両県にまたがる山地。丹沢山塊ともいう。東西約40km,南北約30km。…

※「丹沢山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android