コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹沢山 タンザワヤマ

5件 の用語解説(丹沢山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんざわ‐やま〔タンざは‐〕【丹沢山】

丹沢山地の中心にある山。標高1567メートル。また、丹沢山地の主峰群の総称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たんざわさん【丹沢山】

神奈川の日本酒。酒名は、蔵の北に丹沢山系の主峰・丹沢山がそびえていることにちなみ命名。純米吟醸酒、特別純米酒などがある。平成17年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は丹沢山系の伏流水。蔵元の「川西屋酒造店」は明治30年(1897)創業。所在地は足柄上郡山北町山北。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

丹沢山(たんざわさん)

神奈川県、合資会社川西屋酒造店の製造する日本酒。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕丹沢山(たんざわさん)


神奈川県北西部、丹沢山地東部に位置する山。標高1567m。旧称を三境(さんざかいの)峰といい、「丹沢」の名は丹沢山地全体、あるいは東丹沢の峰々の総称として使われることが多い。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」もその趣旨で採用している。なお丹沢山地全域では2.5km北西の蛭ヶ(ひるが)岳が最高峰で標高1673m。ブナ・ミズナラなど広葉樹林が茂り、江戸時代は幕府直轄林。ニホンジカ・イノシシ・ニホンザルなどの野生動物も多数生息する。首都圏に近いわりに深山の趣があり、登山・ハイキング・キャンプなどでにぎわう。丹沢大山(おやま)国定公園の中心。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の丹沢山の言及

【丹沢山地】より

…関東地方南西部,神奈川・山梨両県にまたがる山地。丹沢山塊ともいう。東西約40km,南北約30km。…

※「丹沢山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

丹沢山の関連キーワード斎藤龍興真田幸村岐阜城織田信長居館茶のしずくアレルギー問題織田信長と岐阜有馬晴信岐阜城真田幸村James

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丹沢山の関連情報