コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対的観念論(読み)ぜったいてきかんねんろん(英語表記)absoluter Idealismus; absolute idealism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対的観念論
ぜったいてきかんねんろん
absoluter Idealismus; absolute idealism

ヘーゲルが自己の哲学的立場を言い表わした言葉。彼によれば世界は絶対者の自己展開であり,カントの哲学は主観に依存する点において主観的観念論であるとし,これと区別した。またヘーゲルフィヒテの哲学的観念論シェリングの哲学を客観的観念論といい,自己の哲学を絶対的観念論として区別したが,この場合,絶対的観念論はフィヒテとシェリングの哲学との対立を絶対的主体としての精神によって解決したのであって,いわゆるドイツ観念論哲学の完成を意味している。 (→世界精神 , 精神現象学 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜったいてきかんねんろん【絶対的観念論】

すべての哲学は本質的に観念論たらざるを得ないが、通常の観念論は主観または客観を偏重しているとして、これと区別してヘーゲルが自らの哲学に与えた名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android