久保田 広(読み)クボタ ヒロシ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の応用物理学者



生年
明治43(1910)年12月

没年
昭和43(1968)年7月10日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝国大学理学部物理学科〔昭和9年〕卒

学位〔年〕
工学博士〔昭和6年〕

主な受賞名〔年〕
日本学士院賞〔昭和24年〕,紫綬褒章〔昭和32年〕

経歴
理化学研究所石田(義雄)研究室に入り、昭和11年入隊、除隊後、赤羽の東京工廠精器製造所で光学兵器製造と研究に当たった。14年東大助教授、22年教授。26年同大生産技術研究所所員に転じた。この間、20年に位相差顕微鏡の研究を始め、23年千代田光学と交渉、わが国初の位相差顕微鏡を試作した。以後位相差顕微鏡や反射防止膜の製作と理論などに大きな業績をあげた。国際光学委員会副会長を務め、著書に「応用光学」「光学」「波動光学」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android