九山八海(読み)クセンハッカイ

  • きゅうせんはっかい キウセン‥
  • きゅうせんはっかい〔キウセン〕
  • 九▽山八海

精選版 日本国語大辞典の解説

須彌山(しゅみせん)およびその周囲にある八山、八海の総称。くせんはっかい。
※正法眼蔵(1231‐53)古仏心「世界起の九山八海、これ古仏の日面月面なり」
仏教の世界観で考える小宇宙。須彌山(しゅみせん)を中心とし、鉄囲山(てっちせん)を外囲とする、山、海の総称。中央の須彌山と外囲の鉄囲山と、その間にある持双山、持軸山、担木山、善見山、馬耳山、象鼻山、持辺山の七金山を数えて九山とし、九山の間にそれぞれ大海があるとする。海は七海が内海で、八功徳水をたたえ、第八海が外海で鹵水海、この中の四方に四大陸が浮かび、われわれはその南の大陸(南閻浮提)に住むという。
※覚海法橋法語(12C終‐13C前)「所期の浄土は、須彌山の九山八海を密厳道場とする也」 〔仏祖統紀‐三一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android