亀ヶ岡石器時代遺跡(読み)かめがおかせっきじだいいせき

国指定史跡ガイド「亀ヶ岡石器時代遺跡」の解説

かめがおかせっきじだいいせき【亀ヶ岡石器時代遺跡】


青森県つがる市木造(きづくり)にある縄文時代晩期の集落跡。重要文化財の指定を受けた遮光器(しゃこうき)土偶が発見された遺跡として知られている。津軽平野の北側、屏風山丘陵の先端にあり、ベンガラ赤色顔料)が塗布された亀ヶ岡式土器石器、木器、土製品、石製品、ガラス玉をはじめ、骨角器、籃胎(らんたい)漆器・櫛などの漆塗り製品、そして魚類鳥類哺乳類の骨角、さらに種実、炭化した米なども出土している。1622年(元和8)、津軽藩2代目藩主津軽信枚(のぶひら)が城を築こうとした際に土偶や土器が出土して発見された。その当時から発掘されたものは「亀ヶ岡物」とよばれて、好事家の手に渡ったばかりか海外にも売られていったものも多い。1944年(昭和19)に国指定史跡になり、2009年(平成21)には遺跡西側で竪穴(たてあな)住居跡が発見された。遮光器土偶は現在、東京国立博物館の所蔵。JR五能線ほか五所川原駅から車で約40分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「亀ヶ岡石器時代遺跡」の解説

亀ヶ岡石器時代遺跡
かめがおかせっきじだいいせき

青森県つがる市の亀ヶ岡に所在する縄文時代晩期の集団墓地の遺跡。周辺の縄文遺跡とあわせて亀ヶ岡遺跡と総称する。現在の十三湖内陸に大きく湾入していた頃の古十三湖の跡地に面し,高さ 7~18mの丘陵地にある。江戸時代初期,津軽氏の築城事業の際に発見され,土坑墓や捨て場などから土器や石器,漆器,土偶,翡翠製の玉類などが出土した。精巧で優美な土器は亀ヶ岡式土器と呼ばれ,また 1887年に発見された大型土偶は眼部の独特な造形から遮光器土偶として有名。1944年国の史跡に指定。2021年「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産として,北隣の丘陵地にある田小屋野貝塚(たごやのかいづか)とともに世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android