つがる市(読み)つがる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「つがる市」の解説

つがる〔市〕
つがる

青森県西部,津軽平野の中西部に位置し,日本海に面する市。2005年木造町,森田村,村,稲垣村,車力村の 1町4村が合体して市制。江戸時代に弘前藩によって新田開発され,米のほかリンゴの栽培も行なわれる。日本海に面する砂丘地帯ではスイカ,メロンなどの栽培が盛ん。縄文遺跡が点在し,そのうち国指定史跡の亀ヶ岡石器時代遺跡田小屋野貝塚(たごやのかいづか)は,2021年「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産として世界遺産の文化遺産に登録された。日本海側の海岸地帯は七里長浜と呼ばれ,津軽国定公園に属する。また,北東部の一部は芦野池沼群県立自然公園に属する。南部を東西に JR五能線,国道101号線が通る。面積 253.55km2。人口 3万3316(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android