コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀戸大根 カメイドダイコン

デジタル大辞泉の解説

かめいど‐だいこん〔かめゐど‐〕【亀戸大根】

ダイコンの一品種。長さ20センチ程度で小ぶり。東京都江東区亀戸で産する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

亀戸大根

東京都で生産されるダイコン江戸時代、文久年間から昭和初期まで葛飾区の香取神社周辺を中心に栽培され、当時は葉が丸いことから「お多福大根」「おかめ大根」などと呼ばれたが、その後産地の名を冠して「亀戸大根」と呼ばれるようになった。亀戸地区の宅地化が進んだため、現在の生産の中心は高砂地区。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

亀戸大根[根菜・土物類]
かめいどだいこん

関東地方、東京都の地域ブランド。
主に葛飾区で生産されている。江戸時代から明治時代にかけて現在の江東区亀戸周辺で栽培された。大正時代初期に最盛期を迎え、この頃から亀戸大根と呼ばれるようになった。小振りで葉がやわらかいのが特徴。辛味のある漬物として一般に親しまれた。近年は農地が減少したため亀戸では栽培されておらず、葛飾区でも栽培農家は数件である。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

亀戸大根の関連キーワード東京都江東区亀戸関東地方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android