コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財産引受け ざいさんひきうけSachübernahme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財産引受け
ざいさんひきうけ
Sachübernahme

会社の設立に際して,発起人が会社の成立を条件として特定の財産を譲り受けることを約する契約。会社の営業準備のためになされる行為。目的物の評価が過大であると,会社の財産的基礎を脅かし会社債権者を害することになる。したがってこれを自由にすると,現物出資に対する規制を潜脱する手段とされるおそれがあるので,定款譲渡の目的財産,価格,譲渡人の氏名・名称を記載させ,変態設立事項とした場合にかぎって会社に対する効力を認めている(会社法28条2号)。原則として裁判所の選任する検査役調査(33条)を必要とするが,経済的合理性や目的財産の価額評価手続の適切な運用確保という観点から,目的財産が少額財産,取引所相場のある有価証券および弁護士などにより価額が相当であることについて証明を受けた財産(不動産の場合は不動産鑑定士の鑑定評価も必要)の場合には検査役の調査を要しないものとした(33条10項各号)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

財産引受け【ざいさんひきうけ】

会社が成立すれば財産を譲り受ける旨を発起人が契約すること。現物出資の規制の濳脱の手段となるおそれがあるため,同様の法的規制を受ける(会社法28条)。また,設立登記後2年以内に一定の種類・価額の財産を会社が取得する場合も,ほぼ同様の規制を受ける(事後設立

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざいさんひきうけ【財産引受け】

株式会社または有限会社の設立に際して,発起人または有限会社の社員が,会社の成立を条件として,会社が特定の財産を譲り受ける旨の契約を結ぶこと。本来これらの行為は開業準備行為であって,会社の設立自体に必要な行為とはいえないから,その効果が会社に帰属することはないはずであるが,実際上の必要から,法が厳格な要件のもとに認めたものである。現物出資と比較すると,現物出資が社団的行為であるのに対し,財産引受けは取引的行為である点が異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

財産引受けの関連キーワード変態設立事項株式会社

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android