コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財産引受け ざいさんひきうけ Sachübernahme

3件 の用語解説(財産引受けの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財産引受け
ざいさんひきうけ
Sachübernahme

会社の設立に際して,発起人が会社の成立を条件として特定の財産を譲り受けることを約する契約。会社の営業準備のためになされる行為。目的物の評価が過大であると,会社の財産的基礎を脅かし会社債権者を害することになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

財産引受け【ざいさんひきうけ】

会社が成立すれば財産を譲り受ける旨を発起人が契約すること。現物出資の規制の濳脱の手段となるおそれがあるため,同様の法的規制を受ける(会社法28条)。また,設立登記後2年以内に一定の種類・価額の財産を会社が取得する場合も,ほぼ同様の規制を受ける(事後設立

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ざいさんひきうけ【財産引受け】

株式会社または有限会社の設立に際して発起人または有限会社の社員が,会社の成立を条件として,会社が特定の財産を譲り受ける旨の契約を結ぶこと。本来これらの行為は開業準備行為であって,会社の設立自体に必要な行為とはいえないから,その効果が会社に帰属することはないはずであるが,実際上の必要から,法が厳格な要件のもとに認めたものである。現物出資と比較すると,現物出資が社団的行為であるのに対し,財産引受けは取引的行為である点が異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

財産引受けの関連キーワード有限会社有限責任社員代表訴訟マルエツマルコムマルミヤストアコージツマキヤエイワマルヤス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone