コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二上り新内 にあがりしんない

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二上り新内
にあがりしんない

日本音楽の種目名称。江戸時代の俗曲の一種目。文化末または文政1 (1818) 年前後から流行し,明治,大正に再流行した。七五調4句の,男女の機微などを扱った歌詞を三味線の二上りの調子で歌うもの。新内を二上りに転じた趣があるのでこの名がある。歌舞伎囃子として花柳情緒を表現するため用いられることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にあがり‐しんない【二上り新内】

俗曲の一。二上りの調子で歌う、新内節のように哀調を帯びた小唄。江戸後期に流行した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

二上り新内【にあがりしんない】

俗曲の曲名。江戸後期に流行し,現在も座敷歌として歌われる。三味線は二上りで,歌が新内節のようにしんみりとした情緒をもつためこの名があるが,新内節とは直接の関係はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にあがりしんない【二上り新内】

江戸時代後期の流行歌(はやりうた)。文政(1818‐30)初めごろ江戸に発生したものらしく,しばらくは非常に流行した。吉原の〈そそり節〉から生まれたものか。同じころ流行した〈よしこの節〉〈都々逸〉に押されていったんすたれたが,明治から大正にかけてふたたび流行した。七五調4句から成り,歌詞や曲調が新内節クドキに似て二上り調子であるためこの名称がついたものであろう。ただし本調子を基本とする新内節とは直接の関係はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にあがりしんない【二上り新内】

俗曲の一。起源は文化文政期(1804~1830)のはやり唄。二上りの調弦で新内に似た哀調を帯びた曲調だが、新内との直接の関係はない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二上り新内
にあがりしんない

江戸末期の流行歌。新内のように哀調を帯びた旋律を、二上りの調子で演奏するという意。原則として七五調四句からなる小曲で、歌詞は無数。今日でも「悪どめせずとそこ放せ」や「隅田のほとり」がよく歌われる。「靭猿(うつぼざる)」のように、常磐津(ときわず)の一節を歌い込む場合もある。1800年代初頭(文化・文政ごろ)から歌い出されたというが、現存の歌本からみると、ペリー来航(1853)直後が最盛期のようである。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

二上り新内の関連キーワードはやり唄調弦

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二上り新内の関連情報