二分法(読み)ニブンホウ

図書館情報学用語辞典の解説

二分法

一つの特性Aに着目し,この特Aを持っているか持っていないか,つまりAかAでないかという二つの分類単位によって,分類を行う方法.この場合にAを単なる記号と考えれば,Aと非Aとは等価である.しかしながら人間が採択する分類単位は単なる記号ではない.Aという特性は人間が重要だと認知したことによって採択されたのであり,したがって非Aという特性は,Aという特性以外の,重要でないと考えられる特性となる.つまり,Aか非Aかという二分法は,すでにAの側に加担した認識作用が働いているのであり,Aという特性の恣意的な押し付けとなる危険性を含んでいる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にぶん‐ほう ‥ハフ【二分法】

〘名〙 (dichotomy の訳語)
① 一般に全体を二つの部分に分けること。
② 論理学で、概念を互いに矛盾する二つの下位概念に区分すること。たとえば、「人間」を「白人」と「非白人」に分けることなど。
精神分析入門(1959)〈安田一郎〉一一「事象を、敵と味方、善玉と悪玉、愛国者と非国民のような二分法(dichotomy)で見たり、考えたりすることにもなるし」
③ 人間が霊魂と肉体の二つからなるとする考え方。たとえば、「新約聖書」中のパウロの考え方。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二分法の関連情報