二国間クレジット制度(読み)にこくかんくれじっとせいど(英語表記)Joint Crediting Mechanism

日本大百科全書(ニッポニカ)「二国間クレジット制度」の解説

二国間クレジット制度
にこくかんくれじっとせいど
Joint Crediting Mechanism

先進国が途上国の温暖化対策を支援し、温暖化ガスの削減成果を両国で分け合う制度。英語の頭文字からJCMと略称する。優れた先進国の低炭素技術、インフラ技術、省エネサービスなどを先進国の援助で途上国に導入・普及し、途上国での二酸化炭素(CO2)排出量の削減分(炭素クレジット)を第三者機関が認定し、先進国と途上国の排出削減目標に計上する二国間協定である。日本政府が2011年(平成23)に提唱した概念で、日本独自の排出権取引の仕組みといえる。一般に先進的な低炭素技術の導入にはコストがかかるため、途上国は導入に二の足を踏みがちである。二国間クレジット制度を活用すれば、途上国は低コストで温暖化対策を進められ、日本企業にとっても政府の補助金などを活用して先進技術を途上国へ輸出・普及できる利点がある。日本政府は2019年(令和1)6月末までに、モンゴルバングラデシュエチオピアケニアモルジブ、ベトナム、ラオス、インドネシア、コスタリカパラオ、カンボジア、メキシコ、サウジアラビア、チリ、ミャンマー、タイ、フィリピンの17か国政府と二国間クレジット制度で合意。2020年10月時点で、太陽光・小水力・バイオマス発電、省エネ・高効率機器、コ・ジェネレーションシステムなど172件のプロジェクトを実施している。

 二国間クレジット制度の類似の仕組みとして、先進国と途上国が温暖化対策に多国間で協力して削減分(炭素クレジット)を分け合うクリーン開発メカニズムCDM)がある。CDMは京都議定書で定められた排出権取引制度であるが、対象プロジェクトの範囲が限られるうえ、関係国間の調整や削減量測定に時間やコストがかかる難点があった。二国間クレジット制度はクリーン開発メカニズムよりも柔軟に効率よく温暖化対策を進められる利点がある。一方で、環境NGOなどからは、途上国の削減分を先進国の削減分に加味しても、本質的な解決にはならない、と批判されている。

[矢野 武 2021年1月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「二国間クレジット制度」の解説

にこくかんクレジット‐せいど【二国間クレジット制度】

日本が提唱する、温室効果ガスの排出量削減に向けた二国間協力事業の仕組み。途上国に先進的な低炭素技術を提供し、それによって達成された削減量を、日本の削減分として計上できるようにするもの。京都議定書に基づくクリーン開発メカニズムに代わるものとして、日本が独自に実施。平成25年(2013)から、モンゴル・バングラデシュ・エチオピアなど17か国(平成30年現在)と協定を結んでいる。JCM(Joint Crediting Mechanism)。→炭素クレジット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android