二子古墳(読み)ふたごこふん

国指定史跡ガイドの解説


愛知県安城(あんじょう)市桜井町にある古墳。西三河地方にある矢作(はぎ)川流域に位置し、幡豆(はず)郡吉良(きら)町の正法寺(しょうぼうじ)古墳に次ぐ大規模なもので、墳形と葺石(ふきいし)・埴輪(はにわ)がないことなどから、4世紀前半ころと推定される前方後方墳である。全長81m、前方部幅36m、高さ6.7m、後方部幅45m、高さ10mで、墳頂部は平坦であり、前方部の東側すそ野には15m四方ほどの広場がある。これは造り出しと呼ばれる一種の祭壇広場と思われ、西のすそ野には周濠の一部が原形を留めている。桜井古墳群のなかでもかなり規模の大きなもので、近くには碧海山(へきかいざん)古墳や姫塚古墳、姫小川古墳などがあり、すぐ東側には二子遺跡があって、多くの土器などの遺物が出土している。墳頂には桜井天神社古跡のが立っている。1927年(昭和2)、国の史跡に指定され、1955年(昭和30)に追加指定を受けた。名鉄西尾線堀内公園駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

二子古墳の関連情報