安城市(読み)あんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「安城市」の解説

安城〔市〕
あんじょう

愛知県中部,矢作川右岸にある市。 1952年市制。江戸時代,岡崎平野の大部分を占める安城ヶ原原野であったが,1880年明治用水が完成し,水田地帯となった。 91年東海道本線が開通し駅前に集落が発達。米とムギの二毛作養鶏などが加わった多角経営が採用されて,大正末頃から日本のデンマークといわれ,協同組合組織も広く普及し典型的な農村型都市となっていた。第2次世界大戦後,特に工場誘致を積極的に進め,名古屋,刈谷方面から自動車,機械工業を中心として多数の工場が進出。県内では豊田,名古屋に次ぎ,刈谷に並ぶ工業出荷額がある。 JR東海道新幹線,名古屋鉄道名古屋本線,西尾線が通る。二子古墳姫小川古墳は国の史跡に指定されている。県指定の無形文化財三河万歳は有名。面積 86.05km2。人口 18万4140(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android