二束三文(読み)にそくさんもん

四字熟語を知る辞典「二束三文」の解説

二束三文

値段がきわめて安いこと。捨て売りにする段。また、品物をまとめて安く投げ売りするときなどにいう。

[使用例] 次々とや山を二三文で売ってしまったのでした[川端康成*十六歳の日記|1925]

[使用例] 預金は封鎖される、財産税は課される、土地は二束三に買い上げられてしまう[石坂洋次郎青い山脈|1947]

[解説] 昔、金剛ぞうりが二足でわずか三文の値だったことからといわれます。古くは、「二束」は「二足」とも書きました。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「二束三文」の解説

にそく‐さんもん【二束三文/二足三文】

数量が多くても、値段がごく安いこと。また、ひどく安い値段。「―で売り払う」
[補説]2たばでわずか3文の値であるで、金剛草履の値段から出たという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android