コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二硫酸 にりゅうさんpyrosulfuric acid; disulfuric acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二硫酸
にりゅうさん
pyrosulfuric acid; disulfuric acid

化学式 H2S2O7ピロ硫酸ともいう。無色あるいは淡黄色の吸湿性の強い結晶。空気中で激しく発煙する。比重 1.98,融点 35℃。激しい音をたてて水に溶け,同時に多量の熱を発生する。密栓して保存し,取扱いには慎重を要する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にりゅうさん【二硫酸 disulfuric acid】

化学式H2S2O7。ピロ硫酸pyrosulfuric acidともいう。硫酸H2SO4に三酸化硫黄SO3を溶かしたものが発煙硫酸(オレウムoleumともいう)であるが,H2SO4とSO3とを等モル混ぜた場合に二硫酸となる。三酸化硫黄の含量が18.35~61.87%の発煙硫酸を0℃以下に冷却すると,無色透明で吸湿性の結晶として得られる。比重1.9(20℃),融点35℃であるが,加熱するとSO3を放出して分解する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の二硫酸の言及

【硫酸】より

… 2H2SO4⇄H2S2O7+H2O H2SO4+H2O⇄H3O+HSO4 H2SO4+H2S2O7⇄H3SO4+HS2O7 2H2SO4⇄H3SO4+HSO4最後の式に示す自己解離の平衡は大きく左に偏っている。濃硫酸に三酸化硫黄を溶かし込んだものは発煙硫酸と呼ばれ,当モルの混合物とした場合の主成分は二硫酸H2S2O7である。硫酸は強い二塩基酸であり希硫酸(希水溶液)中では第1段の解離はほとんど完全であり第2段の解離定数はK2=2×10-2(18℃)である。…

※「二硫酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二硫酸の関連キーワードペルオキソ硫酸(データノート)ペルオキソ硫酸アンモニウムペルオキソ硫酸ペルオキソ酸酸化ビスマス過酸化水素イリジウム三酸化硫黄陽極酸化発煙硫酸酸化銀過硫酸硫酸

二硫酸の関連情報