コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二色の浜 にしきのはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二色の浜
にしきのはま

大阪府貝塚市大阪湾にのぞむ海岸。海浜は白砂青松の景勝地で,地名もこれに由来。 1951年府立海浜公園となった。面積 15.7ha。現在自然の力だけでは海浜の維持が不可能となり,人工的に浜を維持している状態である。公園の東に続く脇浜海岸は汐干狩り場として知られる。園内には遊園地,野球場などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二色の浜
にしきのはま

大阪府南西部、貝塚市にある海浜。大阪湾に面し、昔は近木浦(こぎのうら)と称した白砂青松の砂浜で、はるかに六甲(ろっこう)山や淡路島を眺める風光明媚(めいび)の海浜として知られた。昭和初期に南海電鉄が近木川と見出(みで)川との間、約1キロメートルの海岸を海水浴場として開発し、現在は府立二色の浜公園となっている。見出川口にはヨットハーバーがある。[前田 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

二色の浜の関連キーワード大阪府貝塚市貝塚(市)和泉櫛前田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二色の浜の関連情報