コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二色の浜 にしきのはま

2件 の用語解説(二色の浜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二色の浜
にしきのはま

大阪府貝塚市,大阪湾にのぞむ海岸。海浜は白砂青松の景勝地で,地名もこれに由来。 1951年府立海浜公園となった。面積 15.7ha。現在自然の力だけでは海浜の維持が不可能となり,人工的に浜を維持している状態である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二色の浜
にしきのはま

大阪府南西部、貝塚市にある海浜。大阪湾に面し、昔は近木浦(こぎのうら)と称した白砂青松の砂浜で、はるかに六甲(ろっこう)山や淡路島を眺める風光明媚(めいび)の海浜として知られた。昭和初期に南海電鉄が近木川と見出(みで)川との間、約1キロメートルの海岸を海水浴場として開発し、現在は府立二色の浜公園となっている。見出川口にはヨットハーバーがある。[前田 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二色の浜の関連キーワード大阪府貝塚市北大阪府貝塚市澤大阪府貝塚市堤大阪府貝塚市中大阪府貝塚市畠中大阪府貝塚市半田大阪府貝塚市東大阪府貝塚市堀大阪府貝塚市港大阪府貝塚市森

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二色の浜の関連情報