二諦(読み)にたい

大辞林 第三版の解説

にたい【二諦】

〘仏〙 真諦(第一義諦・勝義諦)と俗諦(世俗諦)。すなわち、絶対的真理と世間的真理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二諦
にたい

仏教思想一般に共通的な2種の真理の考えで、ことばを超えた究極的な最高の真理である勝義諦(しょうぎたい)と、ことばや行動をも含む慣例的、日常的な世俗諦のこと。仏陀(ぶっだ)のことばとされる経典を究極的なものと導入的なものとに分類する目的もあってこの考えが現れ、大乗仏教ではもっと一般化されて、ものの見方、表現の仕方にもこの考えが及ぼされる。仏教の目ざす究極的な悟り、涅槃(ねはん)にどう関係するかによって区分し、それに直結するのを勝義諦、そうでない手段的なもの、日常的なものを世俗諦とよぶようになる。[江島惠教]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二諦の関連情報