俗諦(読み)ゾクタイ

  • 俗▽諦

大辞林 第三版の解説

世間の人々の考えるこの世の真理。現世的真理。世間的知恵。世諦。世俗諦。 ⇔ 真諦

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (saṃvṛti-satya の意訳。「諦」は真理の意) 仏語。世間一般で常識として承認される、相対的立場での世俗的真理。ただし種々の意に用いられ、転じては王法、世間的道徳の意にも用いる。世諦(せたい)。⇔真諦
※法華義疏(7C前)一「第二波若教、若照真諦実智、照俗諦権智
※私聚百因縁集(1257)二「人を化するには先世間の俗諦(ソクタイ)を物語し」 〔大乗義章‐一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の俗諦の言及

【真俗二諦】より

…中国,南北朝期にとくに三論宗の教義の中心として論議された仏教教理概念で,真諦と俗諦のこと。真諦とは絶対不変の真理,俗諦とは世俗的真理を言う。…

※「俗諦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報