コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐華亭 いがらし かてい

1件 の用語解説(五十嵐華亭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十嵐華亭 いがらし-かてい

1780-1850 江戸時代後期の画家。
安永9年生まれ。家職の神職をつぐ。京都の岸駒(がんく)にまなび,四条派を研究。美人・花鳥の絵にすぐれ,天保(てんぽう)ごろ活躍した。嘉永(かえい)3年2月10日死去。71歳。越後(えちご)(新潟県)出身。通称は相模(さがみ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五十嵐華亭の関連キーワードテーラーティチング前古典派音楽黒住宗忠十二段黒住教黒住宗忠魚屋北渓黒住宗忠黒住宗忠

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone