五木の子守唄(読み)いつきのこもりうた

日本大百科全書(ニッポニカ)「五木の子守唄」の解説

五木の子守唄
いつきのこもりうた

民謡の曲名。熊本県球磨(くま)郡五木村で子守奉公に出された娘たちが、背中の赤ん坊をあやしながらわが身を嘆いて歌ってきたもの。源流は不明であるが、この地方の農作業唄で、「甚句(じんく)」を臼唄(うすうた)にでも利用したものの再利用と思われる。五木では、江戸時代末には33軒の地頭(旦那(だんな)ともよばれる)が村を支配しており、一般の村人は名子(なご)とよばれ、地主と小作人の関係を結んでいたことから、娘を子守奉公に出すことは、なかば義務づけられていた。歌詞と節のもの悲しさに興味が集まり、1951年(昭和26)古関裕而(こせきゆうじ)編曲のものがNHK熊本局から「お休みの前に」で連日放送されて各地で歌われだし、53年に照菊(てるぎく)の唄で全国に広まった。

[竹内 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「五木の子守唄」の解説

いつきのこもりうた【五木の子守唄】

熊本県球磨(くま)郡五木村の子守唄。子守唄には子守娘がみずからの薄幸な境遇を嘆く内容のものがあり,五木のはそれである。かつての農山村では貧しい娘たちは恵まれない子守女としての年季奉公を勤め,その悲しい日々の生活心情を基盤に,この種の子守唄は伝承されてきている。第2次大戦後レコードに吹き込まれてから大流行したが,地元のものとはやや曲節の違ったものになっている。【仲井 幸二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android