コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古関裕而 コセキユウジ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古関裕而 こせき-ゆうじ

1909-1989 昭和時代の作曲家。
明治42年8月11日生まれ。昭和5年日本コロムビアにはいり,翌年早大応援歌「紺碧(こんぺき)の空」を発表。戦時中は軍歌「露営の歌」,戦後はラジオドラマ「鐘の鳴る丘」「君の名は」の主題曲や歌謡曲「長崎の鐘」など,おおくのヒット曲をつくった。平成元年8月18日死去。80歳。福島県出身。福島商業卒。本名は勇治。
【格言など】テーマや詩を前にして,その情景を思い浮かべる。すると,音楽がどんどん頭の中に湧いてくる

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こせきゆうじ【古関裕而】

1909~1989) 作曲家。福島市生まれ。早大応援歌「紺碧の空」、軍歌「露営の歌」や「とんがり帽子」「長崎の鐘」「君の名は」などを作曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古関裕而の関連キーワード福島市古関裕而記念館福島県福島市入江町五木の子守歌五木の子守唄古関 裕而中村 八大8月11日野村 俊夫鐘の鳴る丘織井 茂子宮川 泰福島市武満徹演歌露営軍歌紺碧

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古関裕而の関連情報