コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五衰 ゴスイ

デジタル大辞泉の解説

ご‐すい【五衰】

仏語。天人の死に際して現れるという5種の衰えの相。経説により差異があり、涅槃経(ねはんぎょう)では、衣装にあかがつく、頭上の花冠がしぼむ、からだが臭くなる、脇の下に汗が流れる、本来いるべき座にいることを楽しまないの五相。天人の五衰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごすい【五衰】

〘仏〙 天人が死ぬ前にその身体に現れるという五種のおとろえの相。涅槃経では衣服垢穢・頭上華萎・身体臭穢・腋下汗流・不楽本座の五種。これを大の五衰とし、さらに小の五衰を説く経典もある。天人の五衰。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五衰
ごすい

仏教用語。普通は、天界の神々である天人(デーバdeva)の命が終ろうとするとき、その身体に五つの衰えが表れるのをいい、これを天人の五衰という。一般には、(1)衣服垢穢(いふくくえ)(衣服が垢(あか)で汚れる)、(2)頭上華萎(ずじょうけい)(頭にかぶっている華(はな)の冠がしおれる)、(3)身体臭穢(しゅうえ)(身体が臭くなる)、(4)腋下汗流(えきけかんる)(腋(わき)の下から汗が流れる)、(5)不楽本座(ふらくほんざ)(自らの位置を楽しまなくなる)の五つをいう。ほかに仏教の戒を犯した者の受ける五つの衰えを犯戒(ぼんかい)の五衰という。これは、財を求めても得ることができず、得てもことごとく衰耗し、衆人に愛敬せられず、悪名が広く流布し、死んでは地獄に落ちるという。[伊藤瑞叡]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の五衰の言及

【あか(垢)】より

…いずれも災禍をもたらす神である。釈迦が菩薩だったころ,人間界に生まれ出ようと思って五衰の相を現した。そのいずれも天人にはなくて人間にある現象で,その一つに天人にはつかないちりやあかが人間にはつくという(《今昔物語集》天竺部)。…

【六道】より

…すなわち天道,人(にん)(間)道,修羅道,畜生道,餓鬼道,地獄道をいい,このうちとくに畜生道,餓鬼道,地獄道を三悪趣(さんなくしゆ)(三悪道)という。天道は天人の世界で人間の世界の人道より楽多く苦の少ない世界であるが,天人にも死苦があり,死に先立って五衰をあらわす。すなわち衣裳垢膩,頭上花萎,身体臭穢,腋下汗出,不楽本座の五相で死に至る。…

※「五衰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五衰の関連キーワードインド神話熊野の本地菱田春草豊饒の海神道集仏語六道間日滅色有頂

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android