コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五酸化二リン(燐) ごさんかにりん

百科事典マイペディアの解説

五酸化二リン(燐)【ごさんかにりん】

化学式はP2O5。慣用名は五酸化リン。無水リン酸とも。リンを空気中で完全に燃焼させて得られる無色の固体。六方晶系で比重2.30。約360℃で昇華して気体となり,P4O1(/0)分子の存在を示す。封管中で熱すると斜方晶系の二種類の結晶が得られ,比重はそれぞれ2.72,2.89でいずれも昇華しにくい。強吸湿性で,粘膜を刺激し,目に入ると危険。水に溶けてリン酸となる。重要な脱水剤,乾燥剤。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

五酸化二リン(燐)の関連キーワード無水リン酸

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android