コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五龍岳 ごりゅうだけ

2件 の用語解説(五龍岳の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県(長野県)〕五龍岳(ごりゅうだけ)


富山・長野県境をなす飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)北部の山。後立山(うしろたてやま)連峰中央部に位置する。標高2814m。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。山頂南東の鹿島(かしま)川上流大川沢の源流部にはカール(圏谷(けんこく))がみられる。イワヒバリなどの亜高山帯の鳥類が豊富。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五龍岳
ごりゅうだけ

長野県北西部の大町(おおまち)市と富山県黒部(くろべ)市の境にある山。後立山(うしろたてやま)連峰の中央部に位置する。標高2814メートル。大部分斑岩(はんがん)からなり、北は唐松(からまつ)岳、南は八峰(はちみね)キレットを経て鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)へと続く。山頂の南東側には、鹿島川の上流大川沢の谷が深く入り込み、カール地形との説もある。その谷がきわどく削り残した稜線は、白馬(しろうま)岳より鹿島槍ヶ岳への縦走路のうち一番の難所をなす。東方へ延びる遠見(とおみ)尾根にはスキー場が開かれ、この山麓(さんろく)神城(かみしろ)からの登山道をなす。スキー場のテレキャビン(ゴンドラリフト)でアルプス平に至り、小遠見山から五龍岳方向へ登るのが一般的。1903年(明治36)に餓鬼(がき)岳より現山名に改名された。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五龍岳の関連キーワード飛騨山脈鷲羽岳飛騨山脈・飛驒山脈唐松岳爺ヶ岳飛騨高地飛騨人鑓ヶ岳モンデウス飛騨位山飛騨自慢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五龍岳の関連情報