コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島槍ヶ岳 かしまやりがたけ

6件 の用語解説(鹿島槍ヶ岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿島槍ヶ岳
かしまやりがたけ

長野・富山県境,飛騨山脈後立山連峰にある山。標高 2889m。斑岩が主体で,山頂は南槍,北槍と呼ばれる2つの尖頂に分れる。山頂南部の冷池 (つべたいけ) 小屋のある冷池にはクロサンショウウオが生息。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かしま‐やりがたけ【鹿島槍ヶ岳】

富山県・長野県の県境にある山。飛騨山脈の後立山(うしろたてやま)連峰中の代表的な山。山頂は南峰(標高2889メートル)と北峰(2842メートル)に分かれている。高山植物が豊富。浸食の進んだ壮年期の山で槍のようにとがった山容と、山麓の地名の鹿島をとってこの名がつけられた。中部山岳国立公園に属する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鹿島槍ヶ岳【かしまやりがたけ】

長野県,富山県の境,後立山連峰にある山。標高2889m。花コウ岩からなり,山頂は南峰(最高点)と北峰の双耳峰からなり,北峰の北側は北壁と呼ばれ,稜線のこの部分は八峰(はちみね)キレットとなっている。
→関連項目中部山岳国立公園日本百名山八方尾根

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしまやりがたけ【鹿島槍ヶ岳】

長野県と富山県の県境部にある山。山頂部には南と北に二つの尖峰が並び立ち,最高部は南峰頂上で,標高2890m。飛驒山脈の北東部,後立山連峰のほぼ中央に位置し,北は五竜岳,南は爺ヶ岳へ続く。けわしい山稜を示し,山体は北部が花コウセン緑岩,山頂付近が安山岩類で構成されている。氷河時代に,積雪を岩壁下に集めて雪崩集積型の氷河を形成したと考えられ,北東斜面には〈カクネ里〉というU字谷地形が,また南東斜面には氷塊をもつ同様な地形の〈北股本谷〉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(富山県)〕鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)


長野・富山県境に位置し、飛騨(ひだ)山脈の後立山(うしろたてやま)連峰中部にある山。吊尾根(つりおね)で結ばれた二つのピークがある双耳峰(そうじほう)で、南峰は標高2889m、約500m北東にある北峰が同2842m。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。北峰北側は八峰(はちみね)キレットとよばれる急崖(きゅうがい)が迫り、山頂付近には氷河が刻んだカール(圏谷(けんこく))が残る。西麓(せいろく)の黒部(くろべ)峡谷には十字峡・S字峡(えすじきょう)の奇勝がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿島槍ヶ岳
かしまやりがたけ

長野・富山県境にあって北アルプスの北部をなす後立山(うしろたてやま)連峰の山。長野県大町市街の北西部にある双耳峰。標高2889メートル。山頂は槍状に突出するところから、山麓(さんろく)の地名鹿島をとりこの名がつけられた。山頂の尖峰(せんぽう)は南槍と北槍の二つに分かれ、両槍を結ぶ吊(つり)尾根の美しさはみごとで、遠方からでもその独特の山容が認められる。東側は急斜面で鹿島川の谷頭に落ち込む。この谷に平家の落武者の子孫と伝える鹿島の集落があり、茨城県鹿島神宮の末社を祀(まつ)っている。西方黒部川の谷へは緩やかな傾斜で臨む。山頂の北東部、鹿島川の源流付近の地形は氷食によるともいわれている。山頂の南に爺ヶ岳(じいがたけ)、北の五龍岳(ごりゅうだけ)との間には八峰キレット(鋭く切れ込んだ鞍(あん)部)があり、縦走路の難所となっている。縦走には約6時間かかる。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿島槍ヶ岳の関連情報