コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上大智 いのうえ だいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上大智 いのうえ-だいち

1902-1984 昭和時代の宗教家。
明治35年1月23日生まれ。病気になやみ,飯田欓隠(とういん)がひらいた少林窟道場に入門し座禅修行。同門の井上義光(少林窟道場3世)と結婚,28歳のとき出家。66歳で夫と死別,少林窟道場4世をついだ。昭和59年2月25日死去。82歳。山口県出身。旧姓は島田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上大智の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門朝鮮映画[各個指定]芸能部門スペースシャトル飛行記録日本郵便制度史(年表)鈴木志郎康ツイ・ハークテュードアNAVI-5(電子制御式自動5段変速機)磯崎新

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android