コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上頼圀 いのうえ よりくに

4件 の用語解説(井上頼圀の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

井上頼圀

幕末・明治初期の国学者。江戸生。幼名次郎、のち大学。頼圀は通称。号伯随・厚載。相川景見平田銕胤らに学び、新政府に仕えながら私塾神習舎を開く。皇典講究所の設立。華族女学校教授、学習院教授など歴任。「六国史」の校訂、「古事類苑」の編集にあたる。大正3年(1914)歿、76才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐よりくに〔ゐのうへ‐〕【井上頼圀】

[1839~1914]国学者。江戸の人。平田銕胤(ひらたかねたね)に師事。皇典講究所(のちの国学院大学)を設立。「古事類苑」の編纂に参加。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いのうえよりくに【井上頼圀】

1839~1914) 幕末・明治の国学者。江戸の人。学習院教授。平田銕胤かねたねに師事。皇典講究所を創立。「古事類苑」の編集に携わる。編著「越州考」「皇統略記」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井上頼圀
いのうえよりくに

[生]天保10(1839).2.18. 江戸
[没]1914.7.4.
国学者。平田銕胤に学ぶ。 1882年,皇典講究所を創立。國學院,学習院教授。『六国史』を校訂し,『古事類苑』を編纂。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone