コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井出孫六 イデマゴロク

3件 の用語解説(井出孫六の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いで‐まごろく〔ゐで‐〕【井出孫六】

[1931~ ]小説家・ルポライター。長野の生まれ。実証的な手法で社会問題に鋭く切り込む。「アトラス伝説」で直木賞受賞。他に「秩父困民党群像」「終わりなき旅」「島へ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

井出孫六【いでまごろく】

小説家。長野県生れ。東京大学仏文科卒業。1958年から1969年まで中央公論社に在職,《中央公論》などの編集に当たる。1974年,《アトラス伝説》で第72回直木賞,1986年,《終わりなき旅》で第13回大仏次郎賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井出孫六 いで-まごろく

1931- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年9月29日生まれ。丸岡秀子,井出一太郎の弟。中央公論社勤務をへて文筆生活にはいり,昭和48年「秩父困民党群像」で注目される。50年洋画家川上冬崖をえがいた「アトラス伝説」で直木賞,61年「終わりなき旅―「中国残留孤児」の歴史と現在」で大仏(おさらぎ)次郎賞。実証的な創作手法で知られる。長野県出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

井出孫六の関連キーワード赤江瀑赤瀬川隼三田誠広三好京三三好徹稲見一良清水一行団鬼六富島健夫広瀬仁紀

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井出孫六の関連情報