井野長割遺跡(読み)いのながわりいせき

国指定史跡ガイドの解説

いのながわりいせき【井野長割遺跡】


千葉県佐倉市井野にある盛り土遺跡。県北部中央に位置し、印旛沼(いんばぬま)から約2.5km南の井野川水系に続く谷に挟まれた、標高約26mの平坦な台地上にある。遺跡を特徴づけるのは縄文時代後・晩期に構築された環状盛り土で、盛り土が古墳のように一つずつ独立して連なっている。現存する盛り土遺構は、外周環状の2基と内側の2基の計4基で、南側の盛り土は最大であり、比高約2.5m、最大長50mになる。遺構内からは住居跡、墓、貯蔵用の穴などが検出、多量の土器や石器のほかに石棒や土偶も多く出土した。東北地方の影響を受けた土器も発見されていることなどから、当時の印旛沼南岸地域における中心的なムラの姿を知るうえで重要な遺跡とされる。2005年(平成17)に国の史跡に指定。京成電鉄京成本線ユーカリが丘駅から徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android