コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亡き子をしのぶ歌

3件 の用語解説(亡き子をしのぶ歌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

亡き子をしのぶ歌

オーストリアの作曲家グスタフマーラーの歌曲集(1901-04)。原題《Kindertotenlieder》。『子供の死の歌』とも呼ばれる。声楽とオーケストラのための連作歌曲として作曲された。ドイツの詩人・東洋学者フリードリヒ・リュッケルトの詩に基づく。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

百科事典マイペディアの解説

亡き子をしのぶ歌【なきこをしのぶうた】

マーラーの歌曲集。《Kindertotenlieder》。ドイツの後期ロマン派の詩人F.リュッケルト〔1788-1866〕の同名詩集(1834年)を用いた管弦楽伴奏による5曲。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なきこをしのぶうた【亡き子をしのぶ歌 Kindertotenlieder】

G.マーラーのオーケストラ伴奏付歌曲。F.リュッケルトがわが子の死を悼みつつ書いた400編の詩のうちの5編をテキストとする。1901年から04年にかけて作曲。独唱者がマーラー独得の息の長い,強弱の変化が激しい,表出的な旋律を歌う。伴奏のオーケストラはむしろ室内楽的に少数の楽器を活用している。05年ウィーンでマーラー自身の指揮により初演された。日本初演は29年東京で新交響楽団によって行われた。指揮は近衛秀麿,独唱は柳兼子。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の亡き子をしのぶ歌の言及

【マーラー】より

…ドイツ,オーストリアを中心に活躍した作曲家,指揮者。ボヘミア地方のユダヤ人の家系に生まれる。彼の音楽家としての活躍時期は,F.リスト,R.ワーグナーのそれとわずかに交差し,また生涯の後半はウィーンにおける若いA.シェーンベルクの活動と重なり合う。そのように彼はロマン主義の最後の時代を生きた音楽家でH.P.J.ウォルフR.シュトラウスらと同じ世代に属する。ウォルフはウィーン音楽院における同期生であり,R.シュトラウスとは,生涯を通じて互いの作品上演に協力し合う間柄であった。…

※「亡き子をしのぶ歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone