コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通事件即決裁判手続法 こうつうじけんそっけつさいばんてつづきほう

1件 の用語解説(交通事件即決裁判手続法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交通事件即決裁判手続法
こうつうじけんそっけつさいばんてつづきほう

昭和 29年法律 113号。交通に関する刑事事件の迅速適正な処理をはかるために,簡易な科刑の手続を定めた法律。この法律は道路交通法に違反する事件に適用されるもので,検察官の請求があるときは簡易裁判所が 50万円以下の罰金または科料を公判前に即決裁判で科することができることとしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交通事件即決裁判手続法の関連キーワード保険募集の取締に関する法律立木ニ関スル法律地震保険に関する法律簡易生命保険法交通犯罪株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律合囲状態に関する法律地上権ニ関スル法律電気及びガスに関する臨時措置に関する法律年齢計算ニ関スル法律

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone