コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通事件即決裁判手続法 こうつうじけんそっけつさいばんてつづきほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交通事件即決裁判手続法
こうつうじけんそっけつさいばんてつづきほう

昭和 29年法律 113号。交通に関する刑事事件の迅速適正な処理をはかるために,簡易な科刑の手続を定めた法律。この法律は道路交通法に違反する事件に適用されるもので,検察官の請求があるときは簡易裁判所が 50万円以下の罰金または科料を公判前に即決裁判で科することができることとしている。被告人に異議があるときには,刑事訴訟法に基づく正式の裁判手続によらなければならない。本法に基づく即決裁判は,現実にはほとんど行われていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

交通事件即決裁判手続法の関連キーワードニホニウムニホニウム113番元素の発見フロン代替フロン補欠選挙ウンウントリウム無権代理郵政総選挙二大政党制

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone