交通事件即決裁判手続(き)(読み)コウツウジケンソッケツサイバンテツヅキ

デジタル大辞泉の解説

こうつうじけん‐そっけつさいばんてつづき〔カウツウジケンソクケツサイバンてつづき〕【交通事件即決裁判手続(き)】

道路交通法違反に関する刑事事件について、検察官請求により、簡易裁判所公判前に即決裁判一定処分ができる制度。現在は、三者即日処理方式による略式手続きで処理され、交通事件即決裁判は行われていない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交通事件即決裁判手続
こうつうじけんそっけつさいばんてつづき

交通に関する刑事事件の迅速適正な処理を図るため、交通事件即決裁判手続法(昭和29年法律第113号)および交通事件即決裁判手続規則(昭和29年最高裁判所裁判事務処理規則第14号)によって創設された手続をいう(同法1条、同規則1条)。簡易裁判所は、交通に関する刑事事件について、検察官の請求により、公判前、即決裁判で、50万円以下の罰金または科料を科することができる。この場合には、刑の執行を猶予し、没収を科し、その他付随の処分をすることができる。ただし、即決裁判は、即決裁判手続によることについて被告人に異議があるときは、することができない(同法3条)。即決裁判は、正式裁判の請求による判決があったときは、その効力を失う。即決裁判は、正式裁判の請求期間(同法13条)の経過またはその請求の取下げにより、確定判決と同一の効力を生ずる。正式裁判の請求を棄却する裁判が確定したときも同様である(同法14条)。なお、実際にはこの手続はほとんど用いられていない。[内田一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の交通事件即決裁判手続(き)の言及

【交通違反】より

…しかし,略式手続は,違反者が直接裁判官に弁解する機会がないなど,手続が簡略であるがための問題点が少なくない。そこで,交通違反事件を多少ていねいに裁判するため,1954年に〈交通事件即決裁判手続〉が作られた。これは,被告人のいる公開の法廷で,簡略な手続で原則として即日に裁判するというものである。…

※「交通事件即決裁判手続(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android