京マチ子(読み)きょうマチこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京マチ子
きょうマチこ

[生]1924.3.25. 大阪
映画俳優。本名矢野元子。 1936年大阪松竹歌劇団に入り,49年大映映画『最後に笑う男』でデビュー。日本人離れした体躯美貌で人気スターとなり,『羅生門』 (1950) ,『雨月物語』 (53) ,『地獄門』 (53) ,『』 (59) などに出演,アメリカ映画『八月十五夜の茶屋』 (56) にも出演して注目された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京マチ子 きょう-マチこ

1924- 昭和後期-平成時代の女優。
大正13年3月25日生まれ。大阪松竹歌劇団ダンサーをへて昭和24年「最後に笑う男」で映画デビュー。「痴人の愛」で注目され,25年の「羅生門」,28年の「雨月物語」と,ベネチア国際映画祭受賞作品に主演して国際的女優となる。アメリカ映画「八月十五夜茶屋」などに出演。舞台,テレビでも活躍。平成7年日本アカデミー賞会長特別賞。大阪出身。本名は矢野元子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

京マチ子

俳優。1924年3月25日、大阪府大阪市生まれ。13歳で大阪松竹少女歌劇団(現、OSK日本歌劇団)に入団し、娘役スターとして活躍した。49年、大映株式会社に入社し、映画の道へと転向。ベネチア国際映画祭で日本初となるグランプリを受賞した黒澤明監督作品『羅生門』、同映画祭で銀獅子賞を受賞した溝口健二監督作品『雨月物語』、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した衣笠貞之助監督作品『地獄門』など、出演した作品が海外の映画祭で次々とグランプリを獲得したことから、「グランプリ女優」の異名をとった。87年、紫綬褒章を受賞した。94年、勲四等宝冠章を受章した。2019年5月12日、死去した。享年95。

(2019-5-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京マチ子の関連情報