コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京ヶ瀬[村] きょうがせ

1件 の用語解説(京ヶ瀬[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょうがせ【京ヶ瀬[村]】

新潟県中部,北蒲原郡の村。人口8083(1995)。阿賀野川下流東岸の沖積地にあり,阿賀野川の自然堤防上に弧状に集落が発達している。耕地の9割以上は水田からなる米作中心の村であるが,新潟市まで国道49号線で20kmの距離にあることから,近年野菜栽培も盛んとなり,近郊農村の性格を強めている。1964年黒瀬地内に油田が発見され,帝国石油の石油プラントが建設されたが,原油,天然ガスとも生産量は低下している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

京ヶ瀬[村]の関連キーワード黒崎出雲崎小千谷五泉新潟見附阿賀の里スピーディア加藤順蔵田辺小兵衛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone