京都日出新聞

デジタル大辞泉プラスの解説

京都日出新聞

日本の新聞のひとつ。1885年に「中外電報」の身代わり新聞として創刊された「日出新聞」を1897年7月に改題したもの。1942年、第二次世界大戦中の新聞統合政策により「京都日日新聞」と合併し、「京都新聞」となる。1958年に京都日出新聞社が創刊した同名の新聞は、本紙とは関係がない。

京都日出新聞

日本の地方新聞のひとつ。1958年、山口繁太郎を社長とする京都日出新聞社が創刊。京都、滋賀、大阪などで販売された。ニュース記事のほか、映画や演劇などのエンターテインメント情報、教養、美容情報などを掲載。1961年までの刊行が確認されているが、終刊時期は不詳。現在の「京都新聞」の前身である同名の新聞とは異なる新聞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android