コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボク

デジタル大辞泉の解説

ぼく【僕】

[名]男の召使い。下男。
[代]
一人称の人代名詞。男性が自分のことをさしていう語。対等またはそれ以下の人に対して用いる。「んちにおいでよ」「君のほうがより若い」
小さい男の子に対して呼びかける語。「のお名前は」
[補説]1は、現代では親しみのあるくだけた言い方として使われ、改まったときは「わたくし」を用いる。古くは「やつがれ」と読み、相手に対してへりくだる気持ちで用いられた。明治時代から、書生・学生が「ぼく」と読んで用いるようになった。

ぼく【僕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ボク(呉) [訓]しもべ
男の召使い。下男。しもべ。「僕婢(ぼくひ)家僕下僕公僕従僕臣僕忠僕奴僕(どぼく・ぬぼく)童僕老僕

やつがれ【僕】

[代]《「やつこ(奴)あれ(吾)」の音変化という。古くは「やつかれ」》一人称の人代名詞。自分をへりくだっていう語。上代・中古では男女を通じて用いたが、近世以降は、男性がやや改まった場で用いるのに限られた。
「―御身の云う如く、如何にも御身が奴僕(ぬぼく)となり」〈井上勤訳・狐の裁判〉
「―弔使に随ひて、共に筑紫に到(まういた)る」〈皇極紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼく【僕】

( 代 )
一人称。男が自分をさして言う語。 「 -はきみにすまないことをした」 「 -の本」 〔 (1) 一般に対等または目下に向かって用いる。「おれ」よりは丁寧。目上に対して話す時やあらたまったところでは「わたくし」を用いる。 (2) 漢文の中では、古代から男子のへりくだった表現として用いられるが、「やつがれ」などと訓読されるのが一般である。明治以降、「ぼく」の形で書生などが用いるようになり、現代では男子の自称として広く用いられるようになった。 (3) 子供に対して、「-、お名前は」のように呼びかけの語として使われる場合もある〕
( 名 )
男の召し使い。下男。下僕げぼく

やつがれ【僕】

( 代 )
〔「奴吾やつこあれ」の転。古くは「やつかれ」〕
一人称。自分自身をへりくだっていう。上代では男女ともに用いた。 「亦-憂へまうす所なり/日本書紀 安閑訓」 〔近世には、男性がやや改まった場で用い、明治以降は書生言葉などで用いられた〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

僕の関連キーワード奈良県宇陀郡曽爾村今井狂人なおもて往生をとぐ含むところがある僕は君に恋をする剣突を食わせる『一房の葡萄』諷諫・諷諌根の堅洲国賤夫・賎夫人代名詞日本書紀性に合う意地張りそんなら八十隈手百八十神とっても奥山弥生けれど召使い

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

僕の関連情報