コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人吉城 ひとよしじょう

日本の城がわかる事典の解説

ひとよしじょう【人吉城】

熊本県人吉市麓町にあった梯郭式の平山城(ひらやまじろ)。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。鎌倉時代に相良氏(さがらし)が地頭として人吉荘に赴任して以来、35代670年の長きにわたり在城し、江戸時代には人吉藩の藩庁がおかれた。城は市内中央部を流れる球磨(くま)川とその支流胸川との合流点の山に築かれており、2つの川を北と西の天然の堀とし、東と南は山の斜面を城壁として活用するなど、巧みに自然を利用している。球磨川沿いに三の丸、その南に二の丸、さらに丘陵上に本丸が配されている。幕末に築かれた石垣の一部には、ヨーロッパの槹出工法(はねだしこうほう)を応用した「武者返し」と呼ばれる独特の石垣があるが、このような城壁は日本ではほかに五稜郭(ごりょうかく)(北海道函館市)にしか見られない。JR肥薩線人吉駅から徒歩約25分。九州自動車道人吉ICからすぐ。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人吉城
ひとよしじょう

江戸期の城。熊本県人吉市(ふもと)町にある相良(さがら)氏累代の居城である。相良長毎(ながつね)は1587年(天正15)豊臣(とよとみ)秀吉に本領を安堵(あんど)されてから城を築き始め、関ヶ原の戦い後も2万2000石を安堵され、1639年(寛永16)に完成させている。城は東に球磨(くま)川、西に胸(むね)川が流れる要害の地で、南東最高部を本丸とし、その北西方に二の丸、三の丸を配していた。石垣の最上部を一段外方に張り出す武者返(むしゃがえ)しの手法をとっており珍しい。国指定史跡。[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

人吉城の関連キーワード人吉市本庁舎移転建設計画熊本県人吉市麓町人吉(市)林藤左衛門相良為続相良晴広人吉温泉相良長続相良義陽相良長毎人吉城跡上[村]武者返し鎌倉時代人吉荘合流点願成寺球磨川肥後国三の丸

人吉城の関連情報