コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人生は四十二から

デジタル大辞泉プラスの解説

人生は四十二から

1935年製作のアメリカ映画。原題《Ruggles of Red Gap》。監督:レオ・マッケリー、出演:チャールズ・ロートン、メアリー・ボーランド、チャーリー・ラグルスほか。第8回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんせいはよんじゅうにから【人生は四十二から Ruggles of Red Gap】

1935年製作のアメリカ映画。フランク・キャプラとならぶギャグマン出身のレオ・マッケリー監督の人間味あふれる喜劇で,R.スクラーはこの作品を1930年代半ばから40年代初頭にかけて大流行したハリウッドの〈スクリューボール・コメディ〉(階級区分や男女の立場が逆転するクレージーなロマンティック・コメディ)の流れの中に位置づけている。原作はサイレント時代に2度映画化されたことのある(《活躍の天地》1918および《男子改造》1923)H.L.ウィルソンの小説(1915)で,その後もボブ・ホープ主演の喜劇《腰抜け千両役者》(1950)としてリメークされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人生は四十二からの関連キーワードスクリューボール・コメディ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人生は四十二からの関連情報