人間万事金世中(読み)にんげんばんじかねのよのなか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間万事金世中
にんげんばんじかねのよのなか

河竹黙阿弥による歌舞伎の散切物。3幕。 E. G.リットン原作『金』 The Moneyの翻案で,福地桜痴 (源一郎) の訳による。日本最初の翻案劇として,1879年5世尾上菊五郎,9世市川団十郎らの出演により東京新富座で初演され,大当りをとった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にんげんばんじかねのよのなか【人間万事金世中】

歌舞伎脚本。世話物。三幕。河竹黙阿彌作。明治一二年(一八七九)東京新富座初演。リットンの小説「マネー」を翻案脚色したもの。辺見勢左衛門一家は、居候の甥、恵府林之助を厄介者扱いするが、林之助が莫大な財産を相続すると態度を急に変え、娘の婿になってくれと頼む。しかし、林之助は同じく辺見家に居候するお倉の真心を知って彼女と結婚する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人間万事金世中の関連情報