仁徳陵(読み)にんとくりょう

百科事典マイペディアの解説

仁徳陵【にんとくりょう】

大阪府堺市大仙(だいせん)町にある大型古墳。前方後円墳で全長486m,後円の径249m,日本最大。3重の濠をめぐらし,濠の内外に十数基の陪冢(ばいちょう)がある。竪穴(たてあな)式石室に長持形の石棺を納め,眉庇(まびさし)付冑(かぶと),短甲等が置かれていた。円筒埴輪(はにわ),家形埴輪等も多い。この古墳は仁徳天皇を葬った百舌鳥耳原中(もずのみみはらなか)陵に治定(じじょう)されるが,考古学上の立証を欠くため大山(だいせん)古墳あるいは大仙古墳とも呼ばれる。
→関連項目大阪[府]陪冢

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にんとくりょう【仁徳陵】

大阪府堺市大仙町に所在する大型前方後円墳。全長486m,後円部径249m,後円部高35m,前方部幅305m,前方部高34mを測る。外周に三重の濠がめぐり,葺石(ふきいし)をそなえ,墳丘および中堤に埴輪を樹立する。梅原末治の算出によれば,埴輪の総数は2万本を超すという。1872年に前方部の一部が崩れて,長持形石棺竪穴式石室に納めた埋葬施設が露出し,副葬品が取り出された。この崩壊は風水害によるというが,盗掘説もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の仁徳陵の言及

【帝王陵】より

…この形は三国時代から発達してきた墓制に,石人石獣を配列していた唐の陵制を加えたもので,都のあった慶州以外では見られない。
[日本]
 墳丘そのものの規模では世界屈指の帝王陵として著名な仁徳陵は,前方後円墳で,全長486m,陪冢を従え,二重の濠をめぐらして墓域を区画していた。いくつかの天皇陵は帝王陵にふさわしい規模をもっているが,豪族のなかには,当時の天皇陵をしのぐ規模の前方後円墳を造営するものもあったから,古代の天皇陵をすべて帝王陵と呼ぶのは適切でない。…

※「仁徳陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁徳陵の関連情報