仁馬山古墳(読み)じんばやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

じんばやまこふん【仁馬山古墳】


山口県下関市延行・有冨にある古墳。下関市街の北方、響(ひびき)灘に注ぐ綾羅木(あやらぎ)川河口付近の台地上にある、台地の南縁に沿って前方部を西に向けた前方後円墳。全長は74mあり長門地方最大規模で、山口県内の前方後円墳の中でも3番目の大きさである。後円部は3段に築かれており、径47m、高さ約8m。前方部は幅26mである。後円部の中央には盗掘跡があり、埋葬施設や遺物は明らかでない。葺石(ふきいし)や埴輪(はにわ)は確認されていない。北側と南側には各1基の円墳があり、陪塚(ばいちょう)と考えられている。この台地周辺には、綾羅木郷遺跡の若宮古墳など多くの古墳がみられるが、仁馬山古墳はこれらの中では最も古い5世紀中ごろのものと推定され、この地域における古墳の発達を考えるうえで重要とされる。長門地方唯一の方墳で、仁馬山古墳の東北方約70mにある植松古墳も含めて、1991年(平成3)に国の史跡に指定された。現在、「史跡の道」として周辺の古墳をめぐるルートがある。JR山陰本線梶栗郷台地駅から徒歩約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の仁馬山古墳の言及

【下関[市]】より

…当初,赤間関(あかまがせき)市と称し,県内最初の市であったが,1902年下関市と改称した。響(ひびき)灘沿岸の綾羅木(あやらぎ)川下流には弥生時代の綾羅木郷遺跡や前方後円墳仁馬山(じんばやま)古墳をはじめ多くの遺跡があり,古代条里制の遺構も残っている。長門国府は内海側の長府におかれ,中世にもここに長門警固所があった。…

※「仁馬山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android