今の世(読み)イマノヨ

デジタル大辞泉の解説

いま‐の‐よ【今の世】

現在。今の時代。「今の世では通用しない」
当代の天皇。また、その御代。当代。
「―のこと、しげきにまぎれて、院には参る人もなきぞ寂しげなる」〈徒然・二七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いま【今】 の 世(よ)

① 今の時代。現代。当世。
※万葉(8C後)二〇・四三六〇「あめのした しらしめしきと 伊麻能与(イマノヨ)に たえずいひつつ」
※わらんべ草(1660)一「今の世の名人と、もてはやされし人の、せう人にたたれしは」
② この世。現世。
※万葉(8C後)五・八九四「今世(いまのよ)の 人もことごと 目の前に 見たり知りたり」
③ 今の天皇の治世。今上(きんじょう)の御代。
※徒然草(1331頃)二七「今の世のこと繁きにまぎれて、院には参る人もなきぞさびしげなる」
④ 当代第一。今の世に知れわたっている、全盛をきわめている、などの意にいう。
※浄瑠璃・千載集(1686頃か)五「頼朝公より急用の仰にて、今の世の稲毛の入道殿より寂蓮法師へ行く者なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報