急用(読み)きゅうよう

精選版 日本国語大辞典「急用」の解説

きゅう‐よう キフ‥【急用・急要エウ

〘名〙
① いそいで処理しなければならない用事。急用事。
※宇津保(970‐999頃)沖つ白浪「殿にもきうよう物せしめ給ふらむ」
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「私はちっと急用がござりまする」
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉七〇「遠方の文通は郵便を以てし急要(キフエウ)には電信を用ふ」
② (形動) 急に必要なこと。さしせまって必要なさま。
※台記‐天養元年(1144)一一月二八日「而私有急要、蒙御許容、欲罷出者」
※翁問答(1650)上「むまれつき利根なるものには、〈略〉六芸のうち急用(キウヨウ)なる芸よりそろそろとならはし」 〔王粛‐上疏請恤役平刑文〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「急用」の解説

きゅう‐よう〔キフ‐〕【急用】

急ぎの用事。「急用ができる」
[類語]用事用向き用件所用用務小用こよう・しょうよう野暮用雑用雑事私用公用社用商用多用主用変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android