急用(読み)キュウヨウ

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐よう キフ‥【急用・急要エウ

〘名〙
① いそいで処理しなければならない用事。用事。
※宇津保(970‐999頃)沖つ白浪「殿にもきうよう物せしめ給ふらむ」
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「私はちっと急用がござりまする」
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉七〇「遠方の文通は郵便を以てし急要(キフエウ)には電信を用ふ」
② (形動) 急に必要なこと。さしせまって必要なさま。
※台記‐天養元年(1144)一一月二八日「而私有急要、蒙御許容、欲罷出者」
※翁問答(1650)上「むまれつき利根なるものには、〈略〉六芸のうち急用(キウヨウ)なる芸よりそろそろとならはし」 〔王粛‐上疏請恤役平刑文〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急用の関連情報